特殊工法

special construction method

田中建興の技術力・特殊工法

田中建興は最新の特殊工法を取り入れることにより施工をより短く、安全にさせて頂いております。
工法の詳細、主な実績などを下記にて紹介しておりますのでご覧頂ければと思います。

ベビーモール工法 – babymole construction method –

ベビーモール工法は直接鋼管を削進する工法であり削進機本体は相対的に小型軽量ですが強力な推進力と回転力を備えております。
軟弱土から砂岩、パイル、鉄筋、コンクリート、H鋼のある場所も切断、削進出来るため幅広い用途に対応可能です。
特殊取付管工法によって既設管の枝管が接続される部分の管壁をくり抜きコアとして回収することで、既設管を汚すことなく外部から施工が進められます。
これらの作業は全て非開削で行われるので、立坑内、宅地内、路上等限られたスペースでも安全確実に行うことが出来ます。


パラボラ工法 – parabola construction method –

円形切断用路面カッターに円形球面状のダイヤモンドブレードを取付け、鉄蓋上に360度回転して円形に切断し、無収縮モルタルを使用し鉄蓋の維持修繕作業を行います。単体移動が可能なため交通規制範囲を最小限に抑え、昼間施工をより可能に出来ます。円球状の切断面は上部からの力を分散させ、補修面との一体化を図れます。


ツインドリル工法 – twindrill construction method –

ツインドリル工法は、マンホールなどの下水道施設のステップ取替え工法です。並列に装着された2台の電動ドリルによってステップ取付け孔を左右同時に削孔し、その孔に止水スリーブおよび樹脂系接着剤を浸透させてスポンジを使いステップを挿入し接着固定する。削孔箇所からの地下水等の流入などは、止水スリーブによって止水する。


下水管更生工法

老朽化により既設管に破損、クラック、腐食等が発生し安全性や流下能力が保てなくなった場合、非開削で既設管の内面に硬質塩化ビニル製プロファイルの更生管を構築し既設管と更生管の隙間に特殊裏込め材を充填し性能回復を図る工法。
裏込め材が既設管と一体となった強固な複合管として蘇らせます。
TVカメラを用いて硬化前の出稿を確認できます。
SPR工法、光硬化工法、オメガライナー工法の工法協会に加入しております。